サクラサイト被害全国連絡協議会

詐欺的な“サクラサイト商法”にご注意を!

占いサイト被害とは?

占いサイト被害とは?

当会の問題とする占いサイト被害とは、占いサイト一般を問題とするものではなく、サクラサイトと同様の仕組み(被害者を有料でメールのやり取りをする自社サイトに誘導し多数のメール送受信を不当に繰り返させる)を用いながら、メール交換相手をいわゆる「占い鑑定士」とするサイトによる被害です。

このような占いサイトでは、被害者に対し、「あなたにかつてない幸運の兆しがある」、「この幸運を手に入れるため鑑定依頼を継続して欲しい」など、あたかも鑑定を継続しないと被害者が得られるべき幸運を得られないかのように次々と申し向けるなどして、鑑定依頼(メールの送信)を繰り返させます。

占いサイト内では「1鑑定=○ポイント=○円」などとされ、サイト業者はこのポイントを販売します。

被害者は、サクラサイトと同様に、サイト内で「鑑定依頼」という名のメール送信を繰り返させられる結果、ポイントをどんどん消費させられるので、何度もポイント購入を繰り返し、多額のお金を失います。

サクラサイトとの違いは?

メール交換相手である「占い鑑定士」は業者内部の者であることが明らかである点が異なります。

しかし、その手法(被害者の様々な感情を不当に利用してメールのやり取りを継続させる)はサクラサイトと共通であり、幸福の得喪が鑑定依頼にかかっているかのようにメールを送信し、鑑定依頼を繰り返させる行為は、その回数や被害額と相まって、社会的相当性を欠くものと評価できます。

« »