サクラサイト被害全国連絡協議会

詐欺的な“サクラサイト商法”にご注意を!

平成28年 サクラサイト被害・二次被害撲滅 全国一斉110番の呼びかけ

平成28年 サクラサイト被害・二次被害撲滅 全国一斉110番の呼びかけ

各地で消費者問題に取り組んでおられる皆様
各地の弁護士会 消費者委員会

平成28年7月25日

サクラサイト被害・二次被害撲滅
全国一斉110番の呼びかけ

サクラサイト被害全国連絡協議会 共同代表
悪質サイト被害対策弁護団(神奈川)・団長 武 井 共 夫
出会い系・SNSサイト被害弁護団(埼玉)・団長 長 田   淳
クレジット・リース被害弁護団(東京)・団長 瀬 戸 和 宏
サクラサイト被害対策弁護団(愛知)・団長 平 井 宏 和
(文責:事務局長 弁護士 中村 弘毅)

前略

消費者被害の予防、回復についての皆様の取組み、お疲れ様です。

サクラサイト被害全国連絡協議会では、平成23年7月2日を初回として、以後年2回の頻度で各地の研究報告・活動報告・裁判例の共有等を行っております。

昨年は、サクラサイト運営会社代表者らの刑事事件を端緒に、サクラサイトから広告料としてサイトの売上の内8割近くを広告料名目で収受していた会社を相手方とする集団訴訟を提起し、多くの被害者の被害回復を図ることができたと共に、サクラサイト運営会社の資金の流れの一端を知るなど、実態解明に近づくこともできました。

また、電子マネー決済の問題点の検討、アマゾンギフトを悪用した詐欺被害の防止など、今後の課題も抱えているところです。

サクラサイト被害は減少傾向にあるかのような報道もされているところですが、依然として相談件数は相当程度あることから、被害の掘り起こし・救済のための活動が必要と考えております。

さらに、最近では、サクラサイト被害に起因した探偵詐欺、国民生活センターの注意喚起にもあるように被害回復を謳う行政書士による二次被害など、サクラサイトの被害者を喰い物にする悪質な二次被害も発生しており、そのような派生問題についても何らかの対処が必要になっております。

そこで,サクラサイト被害全国連絡協議会においては,今年も全国一斉110番を実施することに致しました。

つきましては,上記趣旨にご賛同いただき,是非,各地でも,私たちと一緒に「全国一斉110番」を実施して頂きたく,お願いするものです。

実施日は,8月24日(水)を予定しております(この日が都合悪い場合は,この週のどこかで実施をお願いします)。

110番相談票は,後日,提供させて頂きます。また,110番の実施時間帯は各地の実情に応じて適宜設定して下さい。

なお、実施が決まりましたら、お手数ですが,回答書(下記WordファイルまたはPDF)をダウンロード&印刷し、必要事項を記入の上、FAXいただけたらと思います(既に所属弁護士会からの照会等によりご回答済みであれば、重ねてご回答頂く必要はありません。)。

回答書: MS Word形式ファイル |  PDF形式ファイル

« »